自己処理による足の痒みと荒れ

カミソリで足の毛を自己処理していたのですが、剃ってしばらくして毛が生えてくるとチクチクと痒くなりました。
痒いので無意識で足を掻き毟ってしまい、血が出てかさぶたになるほど荒れてしまいました。これが毎回だったので、足は常にかさぶただらけでとても素足を出せる状態ではありませんでした。せっかく毛を処理しても足が汚いせいで夏でもレギンスを履いていました。
その後脱毛サロンで足の脱毛をすることにしました。サロンの方に足のかさぶたなどを見せると、
乾燥とカミソリの不衛生さが原因だと教えてもらいました。カミソリは浴槽に濡れたまま置いておくと雑菌が繁殖してしまうそうです。使い終わったら湿気の少ない場所で乾燥させるのがよいと知りました。
足の荒れ具合が相当ひどかったようなので脱毛前にまずは皮膚科を進められ、その足で皮膚科に行きました。
診察結果はやはり乾燥によるもので、かゆみ止めと保湿剤を処方してもらいました。
それからは自己処理をした後はしっかり保湿をし、カミソリは乾燥させて衛生的に保つことを徹底するようにしました。
おかげで今はかさぶたなどは無くなり、脱毛に通っていることでカミソリの回数も減ったのできれいな足を保てています。ミュゼ なんばCITYのおかげです。